当店は予約制です。ご来店の際は事前にお電話でご予約の程お願い申し上げます。 (もちろん当日予約もOKです。)

睡眠のメカニズム

毎日8時間寝ているが疲れが取れない!朝起きると首や肩が凝る(痛い)!などの悩みを持つ方が多くご来店されます。なぜ日中の疲れが、睡眠中に癒されないのか?ここに大きな問題があり、オーダー枕はその改善のお手伝いをさせて頂ける可能性があります。

睡眠とは?
「ノンレム睡眠(深い眠り)」「レム睡眠(浅い眠り)」人間は脳を休める「ノンレム睡眠(深い)」と、 身体を休める「レム睡眠(浅い)」 の2つの異なる睡眠をとります。ノンレム睡眠(深い)は脳の活動が低下し、より深い睡眠状態となります。人間はまず眠りに入ると、少しずつ徐々に「ノンレム睡眠(深い眠り)」に入り、次に「レム睡眠(浅い眠り)」に入ります。レム睡眠(浅い)は寝ていながら瞼の裏では眼球が盛んに素早く動いており、脳は覚醒し、起きている時より活発に活動しています。この二つの睡眠サイクルは、個人差はありますが。 約90分間のサイクルで、繰り返し行われます。眠りのサイクルを繰り返しながら、朝方には徐々に浅いノンレム睡眠が増加していきます。よって睡眠は、4サイクル以上が必要です。4サイクル;90分×4サイクル=360分(6時間) 但し、サイクル時間には個人差があり、サイクルの長短は当然あります。睡眠時間の目安として、6時間以上の睡眠が必要とされます。

睡眠は長さも大事ですが、重要なのは「質」でもあります。眠りの質は寝始め3時間が大変重要!睡眠の研究で、傷んだ細胞の修復にかかわる成長ホルモンは、寝始めの3時間に活発に分泌される事が分かっています。美肌や疲労回復に繋がるのが成長ホルモンです。その3時間の間に覚醒(目が覚める)しては、十分な成長ホルモンは分泌されません。

ストレスなく睡眠が取れているかどうかは、枕と大きな関係があります。朝起きると首や肩が凝る(痛い)等の悩みは、良質な睡眠とは言えません。高さの合わない枕での睡眠ストレスは「深い眠り」「質の良い眠り」は望めません。朝起きると首や肩が重い(痛い)等の症状には必ず原因があります。枕工房待夢では、その原因の対策をお手伝いさせて頂きます。